あなたの足と靴のサポートショップ「シュハリ」
義肢装具士は、医学だけではなく工学的にも深い知識を必要とする、極めて専門性の高い仕事でその内容は、義肢や装具を用いて患者さんの失われた機能を回復させたり補助する医療職という側面と、患者さんの体に合わせた義肢や装具を制作するというエンジニア的側面を持っています。  
 そういったことで、義肢装具士には人体の様々な構造を理解する医学的知識と、人体構造を再現する造形的センス、そして体の機能として正しく機能させる工学的技術を身に付けている必要があります。
「義肢」とは、体の一部が欠損した人に対して、もとの形態と機能を復元するために使用する人工の手足のことです。  
近年パラリンピックなどで片足を失ったランナーが義足を付けることで「走る」という機能を取り戻していることが報道されることも多くなりましたがこの義足は「義肢」のひとつなのです。  
 「装具」とは、身体の機能障害に対して機能を回復させたり、障害を軽減するための補助器具のことです。ホームページの中で度々「インソール」という言葉を使いましたが、これは「装具」の一種のことです。
踝など足の痛みや足の指の変形、足首からふくらはぎのだるさ、膝の痛み、腰痛など、履く靴を自分の足の特徴や生活習慣に合わせたものを選ぶことで改善することも多くあります。
足の裏の形状や、体重(負担)の掛かり方の違いは病気や障害でなく、一人一人の特徴であります。その特徴にあった習慣をしないとそれが、痛みやだるさ、変形となってしまう事が多いのです。
是非、待ち時間を利用して、ご自分の負担のかけかたの特徴を知ってみてはいかがでしょうか?
Copyright(C)2002 tectec Inc. All rights reserved.